これからのエコな生活考えるなら本州の温暖地でも北海道並みの住まいの実現を恐れず大々的に推進せよ

高齢者向きサービス住宅と不動産

高齢者向きサービス住宅と不動産

本州の温暖地でも北海道並みの住まいの実現を

住まいを買うのは何千万円という大変高額な買い物であり、それゆえに低成長時代である今日の日本ではなかなか買いにくい状況ではあります。しかしながら住宅を買う人は何十年先のことを考えて一生一代の賭けをして勇気を出して購入しているのであります。そんな一生一代の思い切った賭けをして勇気を出して購入してくれている日本の住まいですが、実際もって住んでいる人の中にはせっかく家を購入したのにある部分で後悔したと嘆いている人も少なからずいたりします。

その思い切って勇気と大金を出して購入したにもかかわらずある部分で後悔したと嘆かれることもある日本の新築住まいですが、理由は様々あるのですが、多く寄せられている理由のなかには冬場に結露ができやすくて困っているとか、周辺の騒音がうるさいとかなどが挙げられます。なんでそんな問題があるかというと、理由は単純にそのあたりの対策がしっかりできていないからであります。要するに本当の高気密高断熱な家でないということであります。本当の高気密高断熱な家という点に関しては日本の場合は北海道用と本州温暖地ではロケーションが違うので本州温暖地では北海道並みの重厚な規格は要らないという建築業界の不要論もいまだ強くあるみたいですが、本州温暖地でも北海道並みにカベや断熱材を分厚くして、ガラス窓を複層の二重窓にしておけば冬場は結露が発生しにくいし、暖房を余計に効かさなくても済みますし、防音効果についても二重窓のために効果をもっと高められるのであります。ゆえに建築業者は目先のことばかり考えていないでもっといい家を売りたいならばコストは高くつくけど防音、結露がほとんどない、余計な冷暖房が要らないという3つの効果を生み出せる家の大々的な宣伝と販売を推進しないとならないのであります。これこそが究極のいい家なのであります。

Copyright 2017 高齢者向きサービス住宅と不動産 All Rights Reserved.