家の不満を数え上げても、何の改善にもならないばかりか、快適な住まいになる望みを捨ててしまうことになります。

高齢者向きサービス住宅と不動産

高齢者向きサービス住宅と不動産

不満のある家を快適な住まいにするには

たとえ住んでいる家が賃貸物件であっても、十分な広さがなくて不便であっても、そこが自分の生活の拠点であることは間違いありません。新築のきれいなお家で、最新の設備が整った住環境であれば言うことなしですが、何の不足もない家に暮らしている人というのは、ごく少数だと思われます。たいていの人が何らかの不満を感じながら、日々の生活を家と呼んでいる場所で送っていることでしょう。けれど、同じ暮らすのであれば、不満をたくさん抱えている状態よりも、プラスの面に焦点を当てて暮らした方がいいのは、言うまでもありません。

借りている家でも、家賃を払っているうちは自分の住まいです。持ち家であればなおさら、そこを居心地のいい空間にするかどうかは、自分のさじ加減次第でしょう。賃貸物件の場合、居心地よくするには制限もありますが、自分の家なら自由です。居心地よくすることには努力と工夫が求められ、それを理解した上で、家とお付き合いしていくことが大切なのではないかと思います。そういう気持ちで暮らしていれば、不便と思っていたところがあまり気にならなくなってきたり、ちょっとした工夫で見違えるように便利になったりということが、実際に起こってくると思うのでした。

お役立ち情報

Copyright 2017 高齢者向きサービス住宅と不動産 All Rights Reserved.