12月の住まいでは、クリスマスパーティを行いましたが、終わったらお正月の準備に大忙しです。

高齢者向きサービス住宅と不動産

高齢者向きサービス住宅と不動産

住まいでは、クリスマスが終わるとお正月の準備

住まいの行事で、クリスマスの日にケーキを食べたりしていましたが、クリスマスが終わると、お店も家もお正月モードになりますね。お正月といえば、おせちですが、家では、お刺身も食べるので、まぐろの買出しをしに行かないと行けないですね。毎年思うのですが、クリスマスが過ぎると、あっという間にお正月が来るので、急に急がしくなりますね。元旦には、お雑煮を食べるのですが、皆さんの家庭では、餅は焼いたものを入れるか、焼かないで鍋に入れるわかれると思います。私の家庭では、ストーブの上で餅を焼いたものをお椀に入れて食べています。

トースターで餅を焼くと、中が出てしまうことがあるかと思います。今の売られている餅は、爆発しないように作られているので、トースターで焼いても安心ですよ。焼く時の注意点ですが、初めに焼くと、トースターも暖まっていないために焼く時間が長くなるかと思いますが、二回目に焼く時には、トースターは暖まった状態なので、同じ時間で焼くとこげるので注意が必要ですね。餅一切れで、ご飯二膳分あると言われているので、食べすぎには注意したいものですね。お正月は、美味しいものがたくさん食卓に並ぶので、食べないと損をしてしまいます。

お役立ち情報

Copyright 2017 高齢者向きサービス住宅と不動産 All Rights Reserved.