窓の多い住まいについて。戸建てならば窓の数がかなり多く、風通りや日当たりもいいと思います。

高齢者向きサービス住宅と不動産

高齢者向きサービス住宅と不動産

窓の多い住まいについて

戸建ての住まいとなると、かなり窓の数も多いのではないでしょうか。賃貸のワンルームだと窓がひとつ、というケースもあるかもしれません。しかし、戸建て、一軒家ならば窓の数もぐんと増えますよね。一部屋に二つあるとして、部屋数が五個あるとすると、窓はそれだけで十個になります。これだけの窓があると、ドアを開けはなして風をとおすとかなり空気が入れ替わってすがすがしい気持ちになりそうです。寒い季節はなかなか窓を開ける気にはなれませんが、ヒーターを使うからこそ、換気はこまめにしたいですよね。朝も窓を開けてこもった空気を入れ替えたいものです。

窓が多いと風だけではなく日当たりもいいでしょう。光が入ってくるとそれでお部屋もあたたかくなり、明るさもありますよね。窓があっても雨戸を閉めているととっても部屋が暗くなります。そこが最初から壁だったらと考えると、窓があることはとっても重要なんだなと改めて思ってしまいます。窓も床まである窓とそうでない窓など、大きさなどにも注意したいですね。自分が好きな大きさやタイプの窓がある暮らしが理想的ではないでしょうか。外からの目隠し効果もあるカーテンはきちんと窓にかけたほうがいいと思います。日よけや寒さ対策も少しできるのではないでしょうか。

Copyright 2017 高齢者向きサービス住宅と不動産 All Rights Reserved.