夫婦だけの住まいについて。子供が独立したら夫婦だけで暮らすことになります。高齢になっても暮らしやすい家。

高齢者向きサービス住宅と不動産

高齢者向きサービス住宅と不動産

夫婦だけの住まいの場合

若い頃に住む住まいは暮らしやすさ、便利さを重視するでしょう。また、お子さんがいる時は子供部屋も必要ですよね。しかし、お子さんが独立したり結婚して家を出ていくと、夫婦二人きりの生活になると思います。お子さん中心で家庭が回っていたご家庭だとすると、急にさびしく感じられることもあるでしょう。そういう場合、思い切って自分たちが暮らしやすい家にしてみるというのもいいでしょうね。高齢になると、なかなか二階のベランダで洗濯物を干すのも大変ではないでしょうか。そうなると、1階に物干しができるところがあると便利ですよね。

また、生活する場所が一階にすべてあるととてもいいと思います。食事、入浴、寝室などが一階にあれば、二階と一階を何度も行き来する必要がなくなるでしょう。意外と急な階段だったりするとひやっとすることもありますよね。一階ですべてできてしまえば、スムーズに暮らせると思います。ですから、家を選ぶ時、建てる時は年を取った時でも暮らしやすい間取りになっているかも大事ではないでしょうか。ちょっとした段差で転びやすくもなるので、バリアフリーだったり、段差をなるべくないようにしておくと後々いいのではないかと思います。

お役立ち情報

Copyright 2017 高齢者向きサービス住宅と不動産 All Rights Reserved.