不動産投資をするときの物件では中古マンションやアパートの人気が高いです。戸建ては運用が難しいと言われています。

高齢者向きサービス住宅と不動産

高齢者向きサービス住宅と不動産

不動産投資で人気の物件

資産価値となるものを手元に置いておくということは、将来へのあらゆるリスクに備えることでもあります。ただそれを置いておくよりも、それを運用すれば上手く行けばより手元の資産価値は大きくなります。不動産投資は資産となる土地建物を運用して、それに価値を付加させていくのが狙いです。そのために最も大切なのが、良い不動産を安く購入して高く売るということです。賃貸経営の方法が最近では流行っているようです。そして、その建物として選ばれることが多いのが中古のアパートやマンションです。これらはたとえ借り手が多く見つからずとも、何人かは入っている可能性が高いので運用のハードルが低く感じられるからです。

逆に難しいと言われているのは戸建ての建物のようです。こちらはなかなか借り手が見つからないのが特徴のようです。中古アパートやマンションならば借りる方も気軽に行えても、戸建てとなるとそれなりの覚悟がいるからでしょう。なので、経営者の立場から運用する建物を選ぶのならば中古のアパートやマンションならばたとえ借り手が少数でも全く0となるリスクはかなり低くできるので安全度が高いです。上級者になってもこういった建物を運用している人は多いですから、参考にしてみるといいでしょう。

Copyright 2017 高齢者向きサービス住宅と不動産 All Rights Reserved.