大人の暮らしがあるように子どもたちだけの住まいがあっても良いと思います。贅沢をするのは大人だけではありません。

高齢者向きサービス住宅と不動産

高齢者向きサービス住宅と不動産

子どもたちだけの住まいがあっても面白いと思います。

住まいは大人になってからのご褒美と考えられます。子どものときは大人のいうことを良く聞いてそして多くのことを学びそして大きく成長していく日々を送っていくわけです。しかしそれではふつうすぎて面白くありません。少しファンタジーな考え方で住まいに触れてみたいと思います。住まいは確かにお金を出して自由な暮らしを得るものです。しかしお金の問題をこのさい関係ないものとして考えてみたらどうでしょうか。暮らしの価値は何で買うのでしょうか。

おそらく疑問です。お金は大人しか持つことができません。とても不思議です。なので子どもだけが味わえる住まいを本当に子どもだけに提供すると絵本の世界に飛び込んだ感じがしてとてもおもしろいように思えるのです。贅沢は子どもにも時々はさせてあげるようにしてください。そうしなければ健やかに成長はできません。ドアや窓、家具や寝具まですべて子供用サイズにしてください。ここはあくまでも子どもだけの世界です。

そのようなファンタジーの世界を現実化することによって子どもにも現実を理解させる能力を身につけさせるのです。テーマパークでも良いのでこのような取り組み施設があるときっと大人も影ながら楽しめると思われます。

お役立ち情報

Copyright 2017 高齢者向きサービス住宅と不動産 All Rights Reserved.