住まいの防犯対策に番犬を頼りにする場合は、飼い主は番犬が吠えていたりした場合には外を確認するなどが大切です。

高齢者向きサービス住宅と不動産

高齢者向きサービス住宅と不動産

住まいの防犯対策に番犬。

住まいの防犯対策には番犬がいるから大丈夫と考えている人もいるかもしれませんが、番犬の効果は高いとは言えません。泥棒が下見をする際などに番犬に餌付けをして手なずけてしまうことで、次回からは番犬が吠えることなく侵入を許してしまいます。番犬を飼っているから安心してはいけません。番犬は泥棒が侵入したことに気づいて吠えていたとしても追い払うことはできません。番犬が泥棒に気づいて吠えていても飼い主が気がつかないと簡単に侵入を許してしまうので、番犬が吠えていたりする場合は外を確認することは大事といえます。昔に比べて近年の犬を飼う人はペット=番犬対策というよりは、家族の一員として考えることが多くなってきたので、番犬による防犯対策をする人も少なくなったと言えます。

犬よりも猫の方が逆に泥棒には嫌といわれています。猫は家族以外の人にあまり懐かないからとも言えます。ペットに頼らず、防犯対策をすることには施錠などを忘れずに戸締りをすることが大切です。田舎ですと近所には悪い人はいないからと言って、扉がオープンな家の方も多いので注意してほしいものです。近所と仲良くすることも大切です。近所同士が助け合うことで不審な人物が近づいたら話しかけることで侵入することが難しいと思わせることが可能です。

Copyright 2017 高齢者向きサービス住宅と不動産 All Rights Reserved.