テレビなんかで、田舎の日本伝統的な住まいでのんびり過ごしている人たちを見ると、思わずほっこりしてしまいます。

高齢者向きサービス住宅と不動産

高齢者向きサービス住宅と不動産

思わずほっこり、田舎の住まい

ときどき、テレビで田舎住まいの家族のドキュメンタリーなんかがあっていると、思わず食い入るように見てしまう私です。田舎暮らしに憧れているわけではないけど、何だか別世界と言うか、そこだけ違う時間が流れているようで、思わず引き込まれてしまいます。かやぶき屋根だったり五右衛門風呂だったり、日本らしい和を感じさせる伝統的な住まいにも魅力があるんだろうなぁと感じます。

そう言えば最近、そういった田舎の住まいに都心から移住してくる若い女性が多いのだとか。都会での仕事や喧騒に疲れてしまい、癒しを求めて訪れるんだとか。流行の言葉で言えば、スローライフって言うのかな?都会でも、ナチュラルな素材を利用した住まいが子供の健康に良いとのことで、ファミリー層に人気になっていると聞きます。田舎に移住した若い人達がどのように生活していくのかと言うと、年配の方に農業を教えてもらうのが主流みたい。インターネットなどを介してその土地の自然や特産物をアピールしてビジネスにつなげる人もいるんだとか。ただ単に「住んでみたい」という気持ちから、そうやってアクティブに行動ができるってすごいバイタリティですよね。過疎化が進んでいる田舎に若い人達が集まるのは良いことですよね。

お役立ち情報

Copyright 2017 高齢者向きサービス住宅と不動産 All Rights Reserved.