共働きの住まいは常に動線を考え効率よく作る事です。洗濯物の収納やキッチンのタイプなどよく考えましょう。

高齢者向きサービス住宅と不動産

高齢者向きサービス住宅と不動産

共働きの住まい動線を考える

共働きの場合の住まいはより動線などを考えたものでなければいけません。日々忙しい中でいかに効率よく動き回れるのかを常に意識した家づくりになるのではないでしょうか。例えば洗濯などもそうですよね。家族が多い場合は毎日すると思いますが、量がたくさんだと干すのも大変ですし取り入れて収納するのも時間がかかってしまいます。取り入れた後の事なども考え収納場所を近くに設置しておくといいでしょう。またたたむのがめんどうならそのまま収納できるスタイルなどもいいかもしれませんね。ハンガー毎すぐに片付けられるようにしておくと楽かもしれませんね。とにかく使いやすいように工夫する事が大切だと思います。

共働きの場合はお互いに過ごしやすい住まいづくりが大切です。例えばキッチンなどもそうではないでしょうか。冷蔵庫やレンジなどの動線は考えたいですね。またキッチンの形も見晴らしのいいものの方がおススメです。限られた時間の中で家族との会話を楽しむ事もできそうですね。また、手伝ってほしい時なども協力が得やすいのではないでしょうか。人が集まる場所だからこそそれをいかした家づくりをしておくと何かと助かる事もあるのだと思います。家族の動線なども考えながら決めていくといいかもしれませんね。

お役立ち情報

Copyright 2017 高齢者向きサービス住宅と不動産 All Rights Reserved.