財物として利用される不動産や建造物は、自然に大きな影響を及ぼします。このような自然的影響を解説します。

高齢者向きサービス住宅と不動産

高齢者向きサービス住宅と不動産

不動産や建造物が自然に与える影響

不動産とは、一般には土地そのものの事を示したり、その土地に建てられている建造物、定着物のことを示します。このような不動産関係の物品は財物としてとても有力であり、子孫に残せるものの筆頭としてよく挙がるので、安定した価値を保つことができる便利な物品ですが、すべてにおいてそのようなメリットだけとは限りません。人体には多くの建造物に使用されるアスベルトと呼ばれる物質は健康的な被害を引き起こし、アメリカでは深刻な問題として取り上げられています。

人体的な問題ではなく、自然的な影響もとても深刻です。有名なところで行けば、森などの森林を伐採してそれらの森を不動産として売られてしまうという問題です。このような事をしてしまうと自然破壊行為に直結しています。特に、酸素を放出して様々な生き物に命を与える植物を伐採するうえ、植物を経由して生きる動物は非常に多いので、自然的な被害とともに生物形態そのものに影響を及ぼしてしまいます。現に絶滅危惧種に指定されている生物は近年増加傾向にあります。このような生態系の変化を防ぐのも我々の一つの使命なのではないでしょうか。確かに便利になるのはとても良いことですが、それでも自然の摂理に則って暮らすのが義務ではないでしょうか。

お役立ち情報

Copyright 2017 高齢者向きサービス住宅と不動産 All Rights Reserved.