共働きの住まいはお互いへの配慮が大切です。ベッドの位置やクローゼットの広さなど使い勝手を考えましょう

高齢者向きサービス住宅と不動産

高齢者向きサービス住宅と不動産

共働きの住まいベッドとクローゼット

共働きの住まいはお互いに配慮できる様な形にしておく事が大切です。それぞれが仕事に忙しい場合もあると思いますが、寝る時間が違う事も多いと思います。仕事によっては遅くなる時もあると思いますので、どちらか一方が先に寝る事もあるでしょう。そういう時の事など考えるとベッドは別々の方がいいかもしれませんね。寝室が同じならベッドが別でも特に問題はなのいではないでしょうか。それよりもお互いにストレスをためないようにする事が大切です。それぞれのライフスタイルを優先し、住みやすさを考えましょう。

共働きの場合は常に動線を考えた住まいづくりをしたいですね。例えば朝はお互いに忙しいのではないでしょうか。特に着替えの時間はバタバタとしていしまいますよね。クローゼットなどはできるだけ広くとっておいた方がいいかもしれません。洋服選びで時間がとられると結構大変です。またお互いがスムーズに着替えられるようなスペースをつくっておくといいかもしれませんね。狭いとぶつかってしまう事もありますし、朝からけがをすると大変です。動線なども考えて配置を決めた方がいいでしょう。お互いにイライラするのは嫌ですよね。ストレスをためないようにする事が大切だと思います。

お役立ち情報

Copyright 2017 高齢者向きサービス住宅と不動産 All Rights Reserved.