過密化しつつある都会では生活の多様化が進んだので周囲に迷惑をかけないよう気遣った住まい方を心がけたいものです。

高齢者向きサービス住宅と不動産

高齢者向きサービス住宅と不動産

周囲に迷惑をかけないよう気遣った住まい方を心がけたい都会生活

田舎暮らしならともかく、3大都市圏のようにますます過密化しつつある都会では自分の生活や行動を邪魔されずに続けるには周囲の人の視線だけでなく、音や光あるいは臭いなど、不要な外乱を遮る必要性が高まっています。自宅の周りの通行人の視線だけであれば塀や垣根あるいは植栽を高くすることで防げるのですが、防音や防臭は簡単ではありません。生活の多様化が進んできて、マンションやアパートであれば壁一つ隔てて、戸建でも小道を隔てて生活や行動する時間帯の異なる赤の他人と接しながら暮らす人、深夜でも交通量の多い地域で睡眠を取る人、あるいは、楽器演奏が好きで深夜でも演奏したい人など、大都会は24時間、元々静かな地域だった所も入れ替わり立ち代わり周囲が音や光あるいは臭いを発する場所になりつつあるのです。

従って、仕事や勉強、睡眠、あるいは食事など、各人が周囲から外乱を受けることなく自分流の生活スタイルの住まい方を維持したくても簡単にできない時代になっています。これも個人のプライバシー確保に関わる課題だと思いますが、多くの人がストレスを感じていても我慢しながら日常生活を送っているのです。しかしながら、さまざまな外乱からマイペースの生活をするために周囲に高いバリアを張り巡らしたり、部屋を個室化せず、お互いに周囲に迷惑をかけにように気遣った生活をしたいものです。

お役立ち情報

Copyright 2017 高齢者向きサービス住宅と不動産 All Rights Reserved.