完成前の住まいに関して、内容をチェックする方法として設計段階の評価書があります。契約書に添付します。

高齢者向きサービス住宅と不動産

高齢者向きサービス住宅と不動産

完成前に住まいの内容をチェックする

既に完成しているものを購入するとき、その状態を調べることができます。それによって買うかどうかを決めることもあるでしょう。一方、完成前に購入を決めたり契約をすることがあります。その時は、完成した状態についてはわかりません。どのようにできるかについて事前に情報をもらって、それを元に購入を決めることになります。その情報に不備があったり、情報に問題がなくても完成後の状態に問題があったときに困ることになるでしょう。

完成前に住まいの情報を見るときには、設計の評価をするものがあります。図面や仕様書などから構造などについてチェックするものになります。ですから、完成していない時から、住宅の様子を知ることができます。その地点で疑問があれば、それについては解決をしておくようにしましょう。事前に問題が発生するのを防ぐ事にもなります。気になるのは、その情報通りに建てられなかった場合です。そうなると契約自体にも影響してきそうです。

契約書に評価書を添付された場合、評価書通り建てられたことを条件とした契約になります。もし評価書通りでない場合、責任を追求できます。部分的に修復をして評価書通りにすることもありますし、契約を白紙にすることもあるでしょう。

Copyright 2017 高齢者向きサービス住宅と不動産 All Rights Reserved.