住まいでは、支援機構の証明をもらうことでよりトラブルの少ない建物の取得が可能になると言われます。

高齢者向きサービス住宅と不動産

高齢者向きサービス住宅と不動産

住まいにおいては支援機構の証明

お金を貸したりするとき、金融機関では審査を行うことになります。もし、返済できない人にお金を貸したりすれば、貸す側としては損をしてしまうことになります。かと言って返済については将来のことになります。現在の状況などから、返済できるかどうかの審査を行って、決定をしていくことになります。金融機関によっては、単にその人を審査するだけでなく、何のために借りるか、そしてその目的物についてもしっかりしているかを調べることがあります。

住まいを購入するときに利用するのが住宅ローンです。各金融機関で利用できるのですが、その中でもよく利用されるのが支援機構と言われます。こちらにおいては、融資を受けるときには、建物について一定の証明を受けなければいけないとされています。基準に適合しているのであれば、融資をしてもらえることになります。どの程度の基準になっているのでしょうか。独自基準なのであれば、他の基準よりもゆるく設定されているかもしれません。

独自に決めている基準だそうですが、非常に厳しいものとなっているようです。法律では建築基準法がありますが、それよりも厳しくなっているとされています。後でトラブルがおきにくくなりますから、証明をもらうメリットはあります。

お役立ち情報

Copyright 2017 高齢者向きサービス住宅と不動産 All Rights Reserved.