住まいでは、安全に建ててもらう方法として、第三者監理が勧められることがあります。第三者の視点でのチェックです。

高齢者向きサービス住宅と不動産

高齢者向きサービス住宅と不動産

住まいにおいてより安全に建ててもらう

自分自身が作成した書類について、自分でチェックをします。自分自身が作成したので、一応チェックはするのですが、チェック漏れが出ていることがあります。その時、同僚であったり、上司にチェックをしてもらうことがあります。別の人がチェックをすることで、少し視点を変えてチェックをしてもらえます。自分では見えなかった問題点が見えてくることがあるのです。しかしあくまでも同じ会社の人間ですから、疑いに疑いをかけることはありません。

住まいにおいては、建築士であったり、工事の責任者が常にチェックをしながら建設することになります。ですから、問題点が見つかればその都度直すようにしているようです。しかし、自分が設計したもの、自分の工事現場になると、視点がいつも同じになってしまうことがあります。それによって、見落としが出てしまうことがあるのです。そこで、第三者監理を行ってもらうことがあります。建築士や施工業者とは別に監理をする業者を依頼します。

全く別の目線でチェックをすることになるので、工事の進捗などに関係なく指摘などをしてもらえることになります。問題点なども指摘しやすいです。国においてもこの制度をうまく活用するように利用者に伝えています。

お役立ち情報

Copyright 2017 高齢者向きサービス住宅と不動産 All Rights Reserved.