子どもが小さいうちの住まいは、見晴らしを良くして見守ってあげられるような間取りにすると安全です。

高齢者向きサービス住宅と不動産

高齢者向きサービス住宅と不動産

子どもの動きが見える住まい

外ではもちろんのこと、家の中でも、小さな子どもは大人が思ってもいないようなことをしでかすことがあります。特に活発な性格の子だと、母親は一日中つきっきりで見ていないといけないなんていう話もよく聞くものです。それが積み重なって育児疲れなんていう社会問題にもつながったりします。こうした悩みを緩和するために、住まいの間取りを変えてみるのは有効だと思います。住まいの内部の見晴らしを良くすることで、子どもが見えなくなってしまうという不安を減らすことができます。たとえば今までダイニング・キッチン・リビングが別々になっていたという住まいならば、リフォームでLDKの間取りにして壁をなくしてしまえば見晴らしがよくなります。

まだ家を建てる前であれば、なるべく子ども背丈で隠れてしまうような部分が少なくすると良いでしょう。また、小さいころから子どもにキッチンやダイニングで料理などのお手伝いを覚えさせるのにも見晴らしの良さは役立ちます。子どもは親の働いている姿を見て、それを真似することで学んで行きます。なので、母親がキッチンで料理をしている姿や、父親がリビングで仕事をしている姿を見えやすくすることで子どもの好奇心を働かせることにもつながります。お手伝いも覚えてくれるかもしれませんね。

お役立ち情報

Copyright 2017 高齢者向きサービス住宅と不動産 All Rights Reserved.