購入する不動産物件に関しては、必ずしも南向きでなくてもいいので、日差しが十分に差し込むものがよい。

高齢者向きサービス住宅と不動産

高齢者向きサービス住宅と不動産

日差しの十分に差し込む不動産物件

不動産物件の購入にはいくつかの条件があるはずです。毎日暮らす環境としては、日当たりがいいことはぜひ求めたいものです。日差しがあると、気持ちが穏やかになるということもありますし、ガーデニングや観葉植物の栽培などをするにも日差しがあることは貴重です。また洗濯物がしっかりと乾くことにも日差しが十分にあることが欠かせません。購入する不動産物件に日差しが十分に入ってくるかを確かめてからにしたいものです。

とくにマンションの販売に多いのですが、南向きの物件であることをアピールポイントにしていることがあります。南向きの物件であることが付加価値となり、販売価格を高めることになったり、人気を呼び込むことになったりしています。しかし必ずしも南向きでなくとも日差しは十分に入り込んできます。東や西側に大きな窓が取り付けられていると、十分な日差しを確保できます。むしろ一日中直射日光を受けないので、室温が上昇しすぎないので、光熱費を抑えることになる場合もあります。生活をするうえで、適度な日差しは必要になります。常に日差しが差し込む明るい環境である必要はありませんが、十分に意識して物件の購入をするようにしたいものです。

Copyright 2017 高齢者向きサービス住宅と不動産 All Rights Reserved.