新築マンションという不動産を購入するときに行う内覧会というもので何を確認しないといけないかを調べてみまいた。

高齢者向きサービス住宅と不動産

高齢者向きサービス住宅と不動産

新築マンションという不動産を購入するときに

不動産の中でも新築マンションを購入する時に内覧会がありますがその時どんなことに注意しなければいけないかを調べてみました。まず内覧会はいつ行われるかというとマンションの建築が終わり購入する物件が完成した時で引き渡しを受ける前に行われるものです。この時は自分が購入するものが目に見て確認できるのでいろいろチェックしておくことができますし、何か不備があれば直してもらうことができます。まずチェックポイントは当初の図面通りに建築されているかです。あまり意識して確認していない人が多いですが、一番重要です。図面通りというのは部屋の位置などを確認しがちですが天井の高さやコンセントの位置、照明の位置などの図面の位置となります。また、その他にも確認するところは窓や扉の固定状況となります。案外、ネジなどの固定状況が悪く、異音が出たり、動きがおかしかったりということもあります。

また、台所などの水廻りも要注意です。実際水を流すことができればいいのですが、水を流すことで水漏れがあると大変問題なので必ず確認しないといけない部分です。確認するところは非常に多いですが、一旦引き渡しを受けると修繕が有料になる場合もあるので入念に確認しないといけないと思います。

Copyright 2017 高齢者向きサービス住宅と不動産 All Rights Reserved.